「へそ展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、さまざまなプロセスと試行錯誤があります。「へそ展」日記は、「へそまがり日本美術ー禅画からヘタウマまで」展、略して「へそ展」に関わるスタッフが、折々に皆さんにお伝えしたいことを発信するブログです。


ツルとフクロウ

日本美術の画題の中には、吉祥の意味が付加され、神格化した存在も少なくありません。

植物では、松・竹・梅。

動物では、鶴・亀あたりが、代表選手でしょうか。

代表選手同士をマッチングすれば、たちまち不老長寿という永遠のテーマが成立します。

しかし。

テーマは永遠でも、自然は無常、表現は多様。

自然をとらえる視点や表現方法に、画家の個性が光ります。

臼杵藩(現在の大分県)のお殿様が描いた、こちらの作品。

稲葉弘通《鶴図》

梅に鶴は、吉祥ムード高めで、人気のマッチングです。

でも、鶴のポーズは、こんなの見たことないレベル。

こちらも思わず頭を下げて、参りました!と言いたくなります。

-鶴の頭は、ツルツルちゃうで~、ツブツブやで~。

大阪の商人でもあった文人画家の、心の声が聞こえてきそうな、こちらの作品。

岡田米山人《寿老人図》(部分)
同上(部分)

慌てて、「丹頂鶴の頭」を検索すると…本当にツブツブです。

同上(部分)

  寿老人も、せやろ~?と、ほくそ笑んでいるように見えてきて、なぜか一本取られたような気分になります。

ありがたさにも多様性があることを、教えてくれているのかもしれません。

流行は押さえつつ、人とは違う何かを求めるタイプですか?と聞きたくなる、こちらの作品。

遠藤曰人《「杉苗や」句自画賛》(部分)

長寿のシンボルで、国の特別天然記念物で、湿原の神で。

何かと箔が付いた丹頂鶴も、こんな構図で描かれると、ただただ、かわいいし、映えてます。

画家は、仙台藩士の家に生まれ、長刀(なぎなた)と俳句を得意としたサムライ俳人。

現代に生きていれば、けだし、SNSの達人になっているのではないでしょうか。

ところで、梟(フクロウ)は「不苦労」なんて当て字もあるくらいで、現代では、知恵や幸福のシンボルとされることが多い気がします。

でも、時代や地域が異なれば、取り巻く自然も異なり、その解釈も変わります。

狩野山楽の高弟で、京狩野家二代となった画家による、こちらの作品。

狩野山雪《松に小禽・梟図》

画賛によれば、梟は「不孝」の鳥とされ、鳥界でも仲間はずれの存在。

でも、見方を変えれば、どうして梟が悪いものか、と問いかけます。

同上(部分)

 この梟の、大きなお目々に見つめられたら、「そう、あなたは何も悪くない。人が勝手に決めつけていただけ」と、ついつい言い訳してしまいそうです。

「へそ展」の四番バッター仙厓さんが描く梟は、梅に停まっているけど、ぶっ飛んでいます。

仙厓義梵《小蔵梅花図》

 紙面のど真ん中に書かれた言葉は、「小蔵 金ぐそくえ 小僧」。

なんでも、仙厓さんが晩年を過ごした九州には、梟の鳴き声を「小僧、鼻くそくうかあ」と 表す地域があるとか。

それにひっかけて、金ぐそ(金の不始末)など食ってしまえ、と呼びかける豪快さ。

同上(部分)

 梟の描き方もまた、ホームラン級に、愉快痛快です。

(北海道立近代美術館、齊藤)

作品画像の転載ならびにコピーを固く禁じます。