「へそ展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、さまざまなプロセスと試行錯誤があります。「へそ展」日記は、「へそまがり日本美術ー禅画からヘタウマまで」展、略して「へそ展」に関わるスタッフが、折々に皆さんにお伝えしたいことを発信するブログです。


展示の周辺あれこれ

北海道初上陸の「へそ展」開幕以来、札幌では好天が続いています。気温もどんどん上昇して、道産子としては、参りました、もうごかんべんを、というレベル。でも、美術館の展示室は、作品保護のために温湿度が設定されていますので、屋外の暑さとは別世界、かなり涼しく感じられるかもしれません。ちょうど本展の第1章タイトルは「別世界への案内役 禅画」なのでした。もちろん心頭滅却しなくても、充分に空調効いてます。どうぞ涼みに、いや、ご鑑賞においでください。

その展示室をご案内しましょう。 とはいっても、作品紹介ではなく、ちょっとその周辺をめぐります。

どんな展覧会においてもいえることですが、作品の展示というのは、学芸員にとって最も力を注ぐことのひとつで(渾身といってもよい)、計画から準備、現場の作業まで、微細に気を配り、そしてやりがいのあることですね。

まずは作品の安全と保護が第一。ケース製作や照明などもそれを踏まえて行います。 今回はほとんどの作品がケース内での展示。当館のもともとの設備だけでは十分ではないので、特別に日本画(屏風・掛軸)用の展示ケースを15台製作しました。

▲LED照明(調光機能付)を組み込んだ展示ケース内部

ケース内、壁面とも全般に照度は低めとしていますが、作品によりさらに照度を抑える場合もあります。

▲右端が照度を低くした照明(50ルクス以下)。右2点は油彩画(約100ルクス)。 (ここは萬鉄五郎の作品コーナー)

さて、より良い鑑賞のために、解説パネルも作成します。作品解説、作家解説ともに府中展での原稿を使わせていただきましたが、札幌の会場の展示にあわせて、パネルの大きさや、文字の書体など、東京の制作チームにデザインを依頼し、いろいろと試行錯誤しました。 やや暗めの展示室内でも、多様な年代の方にも読みやすく、と考えました。

▲「作家解説」「キャプション(題名パネル)」「作品解説」の順に設置。文章が多いときはパネルの天地を伸ばし、大中小の3種類制作。

▲北海道展で追加された北海道関連作家のコーナー。新たに解説を加えました。熱が入って少し多めに書いたのでパネルも大きめ。ミシミシになっていますがご寛容を。

ところで、昨今のコロナ禍では、これまでになかった展示室内のサインも必要になったりします。

▲展示ケースの前の床にある白い丸印にお気づきでしょうか? 観覧の方々が互いの間隔をとれる目安となるよう、約2mおきに貼られたフットマークです。

▲白い(ややベージュ)円形のラベルです。

このフットマーク、よく見ていくと、ときどきこんなマークもあります。

▲後期の出品作品、長沢蘆雪《なめくじ図》から画像をいただきました。苦手な方はそっと距離をお取りください。

展示室のどのあたりにいるかは、なめくじさんまかせです。いつのまにかしのびよってくるかどうかはわかりません。足元ばかり見ていると、作品の鑑賞ができませんね。

展覧会を見終えて出口にくると、図書コーナーがあります。 北海道立図書館と連携したもので、同館蔵書から、展覧会に関連した図書や画集、美術雑誌などを選定展示し、閲覧できるコーナーです。もちろん企画者の金子さんの著書も選ばれています。

長くなりましたが、展示とは関係ない蛇足もあります。 当館には、東西に門があり、それぞれの門に、展覧会の表示看板を設置しています。 東の看板がこれ。

西門にはこの看板

東から入るか、西から入るかで、看板の見え方がちょいと違います。でも、だからどうした、というわけではありません。ほんとうに蛇足なのでした。

(北海道立近代美術館、地家)

作品画像の転載ならびにコピーを固く禁じます。