「へそ展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、さまざまなプロセスと試行錯誤があります。「へそ展」日記は、「へそまがり日本美術ー禅画からヘタウマまで」展、略して「へそ展」に関わるスタッフが、折々に皆さんにお伝えしたいことを発信するブログです。


与謝蕪村とへそまがり

「へそまがり日本美術」展の企画を担当した府中市美術館の金子です。北海道のみなさまにこの展覧会をご覧いただけるのを、本当に嬉しく思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

府中市美術館では、毎年「春の江戸絵画まつり」を開いています。17回目となる今年のテーマは、「与謝蕪村  「ぎこちない」を芸術にした画家」。ところが、緊急事態宣言に伴い、途中で閉幕となってしまいました。「これから見に行こう」と計画していた方も大勢いらしたのでは……と思うと、本当に残念です。今はとにかく、感染症の収束を祈るばかりです。

さて、へそ展には、その蕪村の作品が3点出品されます。どれも府中での蕪村展にも出品された、選りすぐりの力作ばかりです。蕪村といえば、俳人として有名ですが、一流の人気画家でもありました。その蕪村が「なぜへそまがりなの?」と不思議に思われるかもしれません。しかし蕪村は、へそまがり美術史上の重要作家なのです。

とにかく、まずは《寒山拾得図》をご覧ください。有名な画家が描いた高尚な芸術作品などと思わずに、素直に見てください。

ただ筆を乱暴に走らせて、塗り方も雑な感じです。荒っぽい描き方によって奥深さを表現する水墨画などは古くからありますが、そういう美しさを持っているわけでもありません。濃い墨を着けた筆をぶっきらぼうに紙に押し付けて、線の美しさなど無視して気ままに筆を運んでいったようなところが目立ちます。

与謝蕪村《寒山拾得図》 個人蔵

寒山と拾得は、唐時代の伝説的な人物です。物乞いのような身なりで、突然叫んだり走り去ったりと突飛な行動をするのですが、その言動には不思議と物事の真理があるとされ、禅の世界で信奉を集めました。それゆえ、「きれいではない」姿に描かなければいけない題材です。

とはいえ、「ものには限度があるだろう」と言いたくなるほど、蕪村の描き方はワイルドで、見た瞬間、口あんぐりです。けれども、じわじわと、こんな風に堂々と描いてしまう痛快さが感じられてきて、にやっとしてしまうようなディープな何かが心の中に湧いてくるでしょう。蕪村の晩年、63歳の時の作品です。

現在残っている作品の数からしても、蕪村の寒山拾得の掛軸は、人気があったようです。こんな絵に人気があったとは、古美術は典雅なもの、と何となく思っている私たちには驚きです。でも、考えてみれば、蕪村が活躍したのは、伊藤若冲や曽我蕭白ら「奇想の画家」が活躍したのと同じ町、同じ時代です。恐るべし18世紀の京都、です。

さて、へそ展には、蕪村の寒山拾得の絵がもう一組出品されます。関東や丹後での暮らしを終えて、ようやく京都に定住するようになってから間もなく、30代後半に描いた作品です。蕪村としては初期の作品ということになります。

先ほど見た晩年の作品のような、派手に脱線した感じや乱暴さはなく、丁寧に描いています。しかし、ぼろっとした着物や不気味な感じの風貌は、よく捉えています。

与謝蕪村《寒山拾得図》 個人蔵

府中での展示中、私は毎日のようにこの絵を眺めながら、あるおかしなことを思うに至りました。寒山の風貌をよく見てください(下図)。

まるで、キリスト教の宣教師や聖人のようではないでしょうか? 実は、前々からそんなことを思っていて、蕪村展の図録の解説にも、「キリスト教の宣教師の図像のようなヒントはなかったのか、まさかとは思うが気になる」と書きました。けれども、展示室でこの絵を眺めているうちに、そうとしか思えなくなってしまったのです。

禿げている頭は剃髪した聖職者を、また、首の周りのショールのようなものは、アカデミックフードと呼ばれるキリスト教の祭服を思わせます。首に掛けている飾りは、まるでロザリオのようです。

寒山と拾得の絵は、中国でも日本でも沢山描かれ、バリエーションも色々ですが、こんな絵は見たことがありません。1994年に栃木県立博物館で開催された「寒山拾得」展の図録には、参考図版も含めて90点近くの「寒山拾得図」が集められていますが、そこにもこんな絵はありません。むしろ私には、蕪村のこの寒山は、有名な《フランシスコ・ザビエル像》や「アッシジの聖フランシスコ」の図のような、キリスト教の絵画に重なり合って見えてしまいます。

もちろん蕪村の時代、キリスト教は禁教でした。こんなことを言うと、「蕪村は実は隠れキリシタンだったのでは?」とか、「蕪村が3年間住んだ丹後は、かつてキリシタン大名がいた場所だ」とか、さらには、「蕪村は、禅とキリスト教に、どこか深いところで接点を見出したのでは?」などと想像する声も聞こえてきそうです。

でも、もし蕪村がキリスト教の絵をヒントにしたのだとしても、恐らくそういう思想的な理由はなかったでしょう。蕪村と同じ頃、江戸の洋風画家である小田野直武は、聖職者の祈りの姿を描いていますが、信仰のためではありません。また、蕪村より後の19世紀の洋風画家である安田雷洲は、聖書の挿絵のキリストの生誕を祝う場面をもとに、赤穂義士が吉良上野介を討ち取った場面を描いています。どちらも、日本の絵にはない、西洋の題材や描き方に「奇抜さ」を感じて、新鮮な絵を作り出そうとしたのです。蕪村もまた、寒山と拾得という、とりわけ奇抜さが必要なテーマに挑むにあたって、こんなアイディアを思いついたのかもしれません。

以上の話は、私の中で何となく広がった想像です。へそ展に並んだこの絵を見た時、みなさんはどう思われるでしょうか。

(府中市美術館、金子)

寒山拾得

寒山拾得(かんざんじっとく)は、「へそ展」北海道巡回で8点も紹介される画題であり、頻出ワード。

寒山拾得って、人名なのか地名なのか見当がつかない、という方も大丈夫です。

本展図録『へそまがり日本美術』(2019年、講談社刊)の「画題案内」から、ポイントを要約!

① 唐の時代、浙江省の天台山国清寺にいたという伝説的人物。

② 寒山は、寒厳と呼ばれる巌窟住みで、ときどき寺に現れた。

③ 拾得は、豊干禅師に拾われて、寺の台所仕事をしていた。

④ 二人は常に奇矯なふるまいで僧らを驚かせた。

さらに、中国では10世紀頃から、日本では鎌倉時代末頃から、絵に描かれていたとのこと。

それだけ長く描き続けられてきた画題には、きっと、描く人や見る人を惹きつける理由があるはず。

とくに「奇矯なふるまい」の表現は、作者の腕の見せどころ、鑑賞者の見どころ、ではないかしら。

寒山拾得の二人が、圧倒的な笑顔で微笑みかける、岸駒の《寒山拾得図》(部分、敦賀市立博物館蔵)。

この笑顔を見ると、「きみの笑顔が好き」とか「あなたを笑顔にしたい」と言う時に期待する笑顔とは、どこか違う気がします。

北海道のみ展示予定の、白青山《寒山拾得》(部分、当館所蔵)は、どうでしょう?

「笑顔には、いろんな種類があるよね…」と、いやに、神妙な気持ちにさせられます。

徳島県出身の白青山(つくもせいざん)は、東京美術学校で日本画を学び、北海道の日本画発展に尽力した画家。

この作品は、明治画壇の巨匠・橋本雅邦が描いた《寒山拾得図》(フリア美術館蔵)に倣ったものと考えられます。

「へそまがりな感性」は、連綿と、あまねく、息づいているんですね。

「へそ展」で出会う、寒山拾得。

その笑顔は、 あなたにとって、忘れられない笑顔になるかもしれません。

(北海道立近代美術館、齊藤)

札幌ですごい白隠が「初公開」。そして、「初公開」がいっぱいあるのはすごいことなの?

へそ展、札幌での開催まであと2ヵ月を切りました。

この展覧会は、2019年の東京での開催の際には、新聞・雑誌などで様々にご紹介いただきました。

中でも最も大きな話題を読んだのは、徳川家光が描いた《兎図》が初公開される、というニュースでした。2018年12月20日の朝日新聞も、「徳川家光は『ヘタウマ』画家? 水墨画を公開へ」という見出しで大きく取り上げています。


「徳川家光は『ヘタウマ』画家? 水墨画を公開へ」


へそ展における「初公開」作品は、家光だけではありません。実に、40点を超える作品が、へそ展で初公開の作品。しかも、いくつかの作品は、今回の札幌展で初めて公開されるのです。

こちらがそのひとつ。白隠の《楊柳観音》です。真っ黒の背景に、薄墨で輪郭をとった白い観音様が浮かびます。力強くて、かっこいい、さすが白隠!と言いたくなります。

金子学芸員によると、「白隠の作品の大半は白い紙に線だけで描かれたものですが、まれに墨でバックを真っ黒に塗り込めた作品があり、その迫力は白地の作品とは全くの別次元」とのこと。

「そんな強烈な黒バックに、奇妙な姿の観音さまが、くっきりすぎるくらいくっきり浮かび上がって、見た瞬間、鮮やかすぎて、きれいすぎて、恐ろしいような、不思議な力に金縛りになりそうです。お顔の表情が、たた慈悲に満ちた観音さま、というのではない、俗っぽいような、怖いような、優しいような、言葉で言い表せない何かを放っています。白隠は生涯に途方もない数の絵を描いていますが、こんな念入りに作り込まれた作品は、きわめて珍しいです。」と話します。

そんなすごい作品が札幌で初公開とは、本当に楽しみです! 写真は、金子学芸員が京都での調査時に撮影したもの。かなり傷んでいた表具を付け替えるため、裂を合わせているところです。もちろん、札幌の会場では、仕立てられた完成品が展示されます。 

ところで、初公開作品がこんなにたくさんあるって、そもそも、どういうことなんでしょうか?

そのことについて、以前、金子学芸員に伺いましたので、改めてご紹介させていただきます。

*****

今日は、「初公開」や「新発見」のことについて、少し考えてみました。

近年、展覧会の開催にあわせて、初公開作品のニュースが新聞やテレビなどで華々しく報道されたりしています。

▲へそ展で展覧会初公開の徳川家光《兎図》。

「〈初公開〉〈新発見〉ってどういう意味?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ここで言う「新発見」とは、近年の研究者に知られることなく、展覧会や本などでも紹介されたことのない作品のこと。本だけで紹介されたことがある場合には、展覧会「初公開」となるわけです。

そこで、へそ展の図録の制作が始まった頃、私も金子学芸員に聞いてみました。

「へそ展では初公開とか、新発見みたいな作品はあるんですか?」

すると金子学芸員からは

「ありますよ、おそらく数十点にもなるんじゃないでしょうか。〈春の江戸絵画まつり〉はいつもそうです」

と、驚きの答えが返ってきました。

「研究の成果を展覧会で発表するのが学芸員の仕事。ですから、いわゆる“新発見”とか、”初公開”といった作品はいつもこれくらいになるんです」

なのだそうです。本当にびっくりしました。

でも、言われてみれば納得で、だから〈春の江戸絵画まつり〉ではいつも、「こんなの見たことない!」という面白い作品が並ぶんですね。府中市美術館での展示をきっかけに、その後、一躍、有名になった作品も思い浮かびます。

そして、金子学芸員の予想通り、へそ展での展覧会初公開作品は、最終的になんと44点になりました(*札幌展では43点)。

▲こちらも展覧会初公開、仙厓の《十六羅漢図》。「こんな十六羅漢は見たことがない」と金子学芸員。

しかも、そういった”新発見”だけでなく、美術史的にも重要と定評のある作品も、さりげなく出品されていることもすごいところなんです。ぜひ、見にきてください!

(図録編集チーム、久保)

幽霊

一度も見たことがないのに、なぜか、その姿を思い浮かべることができるもの。

UFO、火星人、河童、人魚…。 いろいろありますが、幽霊もそのひとつ。

脚がない、とか、死装束を着けている、とか。

既存のイメージから影響を受けた、あれやこれやの先入観。

勝手を申し上げますと、作品鑑賞においては、画題に対する先入観の4割位が「だよねー」、6割位が「そうきたかー」だと、丁度良い塩梅(へそまがり度高めな筆者個人の見解です)。

さて、「へそ展」でご紹介させていただく幽霊図2点の塩梅はいかに?

4月上旬、所蔵先の福岡市博物館で事前調査をさせていただきました。

まずは《お菊幽霊図》。

怪談「皿屋敷」などで知られるお菊さんが、幽霊となって井戸から現れる場面です。

地面に散らばる皿のうち、1枚が割れています(お約束)。

次に《墓場の幽霊図》。

画面右下のイヌハジキ(犬弾き:犬が墓地を荒らすのを防ぐ竹製の囲い。四十九日頃まで設置)から立ち上るように、幽霊が登場。

彼岸花のシルエットが、臨場感を醸します。

目をひくのは、幽霊の顔貌や毛髪の描写。

この世に未練を残した人間の「苦い」心情に迫り、死者の容貌に迫真性をもたせようと、陰影表現と細線描写を駆使する画家の情熱を感じ、「そうきたかー」は、瞬時に6割超過。

作者の祇園井特(ぎおん・せいとく)は、経歴不詳、諸説あり、という謎の絵師。

寛政~文政のころ(1789~1830)に京都で活躍したとされ、残された肖像画や美人画から、独特の感性がうかがわれます(「へそ展」では、祇園井特の美人画もご紹介)。

ビターな味わいに魅力を感じる鑑賞者にはぴったりの、祇園井特の幽霊図。

夏の北海道をさらに涼しくしてくれること受け合いです。

(北海道立近代美術館、齊藤)

作品画像の転載ならびにコピーを固く禁じます。